薄ろぐ記憶の記録
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.04.24 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
ブルーレイディスクが付録に付く雑誌
 明日、12月17日発売の月刊AVレビューにブルーレイディスクが付録に付く。
高画質な映像を楽しめる映画の予告編でも入ってればよかったけれど、この付録では画質の設定や評価に使うようなテストパターンが納められている。

考えてみたら、テストパターンって、業界で一定の規格を決めて、BDでもHDDVDでも、それこそPS3でも、プレイヤーだけで表示できたら便利というか、できるべきなんじゃないだろうか。

そんなのいらないから1円でも安くってことなんだろうけれど。
【2007.12.16 Sunday 15:18】 author : zio
| 本・雑誌 | comments(1) | trackbacks(0) |
世界の日本人ジョーク集
レストランで出てきたスープにハエが入っていたら?
イギリス人「皮肉を言って店を出る」
中国人(問題なくハエを食べる)
ロシア人(酔っぱらっていて気づかない)
アメリカ人「裁判」
日本人(周りを見回し自分の皿だけなのを確認し、そっとボーイを呼ぶ)
韓国人「日本人のせいだ」と叫び、日の丸を燃やす…

 なんか日本人だけ良く書き過ぎな気もするけれど、こういう話しって日本人よりも外国人の方がウケるんだよな。

韓国人がオチになってるってのがポイント高い(笑)
【2006.06.06 Tuesday 20:21】 author : zio
| 本・雑誌 | comments(0) | trackbacks(1) |
中学生はこれを読め
札幌の本屋のオヤジは気がついた。「最近の中学生は本を読まないと言うが、うちには彼らのコーナーがなかった」。オヤジは500冊のお薦めをリストアップし、専用の棚を作って、こんなキャンペーンを始めた。「本屋のオヤジのおせっかい 中学生はこれを読め!」。それから1年半、おせっかいは全国に広がっている。
中学生は本屋に来ない。だから中学生用のコーナーがない。その発想を逆転させた。顔見知りの常連も出てきた。それ以上に大人が関心を示した。リストを手にした親や教師から、「お薦めは」と聞かれる。子どもの読書量や性別を聞き、「じゃあ、これとこれ」と選ぶ。

 「なんで客が来ないのか」ってよく聞かれるけれど、簡単なことで、「行く必要がないからですよ」って答えることが多い。

店や会社の立場じゃなくて、客の立場で考えれば一瞬で気がつくことなのに、それができない店が本当に多い。

「最近の中学生は本を読まないと言うが、うちには彼らのコーナーがなかった」というのもひとつの対策だし、これを本屋のオジサンが気がついたってことはすばらしいことだと思う。

子供のころ、レコード(CDの時代じゃないんで…)屋に行って、気になるレコードがあると試聴でかけてくれた。買わなければそのまま袋に戻す。だからお店の人もいろんな曲を知ってて、「このバンドが好きなら、このレコードも気に入るかも」といった薦め方をしてくれた。
今じゃamazonが似たような商売をしてる。

CD屋になって自由に試聴ができなくなって、店員のオススメを聞く機会もほとんどなくなった。

本屋だったらなおさらだろう。

つまらないCDや本にあたっちゃうのも経験だと思うけれど、ある程度のガイドがあるってのも大事。

誰がどんな視点で勧めてるのかってのことも大事だけれども。
【2006.05.07 Sunday 11:12】 author : zio
| 本・雑誌 | comments(2) | trackbacks(2) |
Sony Chronicle 2006と、週刊○○
 ソニーの本。2,500円也。

ネット通販のみなんで、送料300円。
ソニーのオンラインショップで100万円以上お買い上げなVIPユーザーには無料でプレゼントされる。
それくらいは当然だろう、と思っちゃうのはメーカーの苦労をまだ分かってないんだろうか。
物欲番長はギリギリVIPだったらしい。さすがだ。

こういうのって昔は社員とか株主にプレゼントされてたもんだけれど、最近はそうでもないのかな。

自分も注文した。
こういう本って、数年前にSTARWARSとかXJAPANとかガンダムとか、1万円くらいでいろいろ出た。
でもハズレも結構多かった。
1万円じゃ買えないとかいう人も多く、そこにツケコンダ対応したのがディアゴスティーニとかの、週刊本。
毎週500円〜1000円前後で、1年か2年近く買い続けて完結する。
500円で1年だとしても約25,000円。
1000円で2年なら10万円だ。
最初の巻だけ半額にして、とりあえず買わせちゃうってのもうまい。

週刊STARWARSとか週刊エアークラフトとか、数年前からなにかと手を出したこともある。
週刊ロボットみたいなやつも手を出しかけたけれど、あまりにアレでネットオークションで売ったこともある。

話しは戻って、Sony Chronicle 2006。
2800円なら後悔する金額でもないし。

家電好きな日本人ならバイブルかと!

 Sony Chronicle 2006
【2006.02.20 Monday 09:27】 author : zio
| 本・雑誌 | comments(0) | trackbacks(0) |
スターリングエンジン、2100円
大人の科学マガジン Vol.10 (10)
大人の科学マガジン Vol.10 (10)

スターリングエンジン(Wikipedia)

 大人の科学がまたやった。

蓄音機やらスピーカーやらプラネタリウムの自作キットまでおまけに付けちゃう大人の科学。

今度のオマケは話題のスターリングエンジン。

それをどうするかは関係ない。

作って知ることが目的。

時計もそう。
時計が欲しけりゃ買えばいい。
でも、時計がどうなってるのか。
どうやって動くのか。

そんなことを知りたい子ども心を持ったいい大人のための本。


改造方法とか、バリエーションとか、市販品とはここが違うとか、こうすれば市販品も越えられるとか、そういうガイドがあるとマニア受けすると思うんだけれどなあ。
【2005.12.16 Friday 14:55】 author : zio
| 本・雑誌 | comments(0) | trackbacks(0) |
大人のための塗り絵
 「子どものころは絵が下手で、その後遠ざかっていましたが、塗り絵なら十分に楽しめます」だって…

自分も相当、というか自分よりも下手な人って見たことがないくらいに絵が下手だけれど、それでも楽しめるんだろうか。
ぷすまのクサナギどころか東幹久と同じくらいのレベルなんだけれど。

それなのに、なぜか子供の頃から周りには絵がうまいヤツが多い。
偶然なのか、なにか意味があるのかちょっと気になった。

もしかして、絵がうまいヤツって「周りには下手なヤツが多い」とか思うのかな?


プロが隠す秘密の画法「トレース水彩画」入門
プロが隠す秘密の画法「トレース水彩画」入門
森田 健二郎

この本にあるやり方だったら、本当に楽しめるのかなあ…
【2005.12.06 Tuesday 13:50】 author : zio
| 本・雑誌 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブックオフがネット本格参入
サービス名は「BOOK OFF Online」。Web上で中古品の書籍やCDなどを買い取り、販売する。初期投資額は5億円で、07年9月までにサービスを開始する。子会社のブックオフ物流が持つ物流センター(神奈川県相模原市)にネット販売専用のセンターを設置。まずは、郵送方式で買い取った書籍、CDや店舗の余剰品をWeb専用商品として販売する。ブックオフの店舗がない地域の人たちや忙しく来店できないビジネスマンなどをターゲットとするため、実店舗との競合はないと見ている。

 07年9月の開始って、約2年後?

2年後のサービスなんて遅すぎ。

準備の時間が必要なんだろうけれど、同業他社に対策の時間を与えることにもなるのにね。
【2005.11.16 Wednesday 12:37】 author : zio
| 本・雑誌 | comments(0) | trackbacks(0) |
本のネットショッピングでも買う前にちょっと読みたい
 すごくいい!

でも今日現在で800万冊あるうちの13万冊ということで、気になる本で読めるものは一冊もなかった。

15%以上は読めるはずなんだけれど、ジャンルが偏ってるのかなあ…
【2005.11.02 Wednesday 08:44】 author : zio
| 本・雑誌 | comments(0) | trackbacks(0) |
デリヘル嬢体験記
 ネットで公開されてる作品を少し読んだけれど、作家じゃなくて雑誌のライターかせいぜいルポライター。下世話なネタを扱うから週刊誌やらスポーツ新聞が取り上げてるだけだろう。
こういうネタは興味はあるけれど、節操がなく金とか売名とかそういった感じでなんでもやる姿勢はとても見てられない。やだやだ。

こういうネタはサンケイの方がおもしろく書く

なんだかんだ、こういうネタは好きなんだけれど…
【2005.10.17 Monday 12:36】 author : zio
| 本・雑誌 | comments(4) | trackbacks(0) |
脅威虫が学研の付録に
 マイナス200度でも沸騰したお湯の中でも死なない虫なんて子供雑誌の付録にして大丈夫なんだろうか。放射線による不妊化って言ってるけれど、大量発生しなければいいけれども。
【2005.10.15 Saturday 15:51】 author : zio
| 本・雑誌 | comments(2) | trackbacks(0) |