薄ろぐ記憶の記録
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.04.24 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
らんちゅうの石川
金魚すくいのことを書いてて、「らんちゅう」を思い出した。

金魚にはいろいろ高級種があって、中でも有名なのが「らんちゅう」らしい。
らしいというのは、自分は知らなくて、子供の頃に「金魚にはいろいろ高級種があって、中でも有名なのがらんちゅうなんだよ」って地元でちょっと有名だったから。

地元は東京の片田舎というか北区の梶原ってところだけれど、ザリガニとか金魚を買いに行くいわゆる「金魚屋」にしてはずいぶん大きな金魚屋があった。

毎年秋になると人がたくさん集まるのは子供心に気が付いてたけれど、「らんちゅうで人が集まってる」というのは、少年野球を始めてそこの家の息子と知り合ってはじめて知った。

 らんちゅう宗家  石川忠正

なんでも、そこの石川家がらんちゅうを作り上げたらしい。
子供心にも、今でも凄いと思う。

ネット通販をやってて、値段を見ると22000円から8万円。
確かに高級だ。

でも輸入で何十万もする魚とかもいるから、錦鯉にしろらんちゅうにしろ、育てる努力を考えたら安いんだろうなあ。

そんな高価ならんちゅうだけれど、毎年小さな町内会館の庭でやる夏祭りでは、そのらんちゅうで金魚すくいをしてた。普通に一回50円とか100円だった気がする。
今でもやってるんだろうか。

赤ちゃんのらんちゅうは宮崎映画のポニョみたいな感じでかわいかった。
動きも遅いからかなりすくえちゃうし、すくえなくても何匹もくれちゃう気前の良さだった。


関係ないけれど、少年野球は10人しかいないのに自分は万年補欠でしたよ(笑)
1年半くらいやってたけれど、一回も打てた記憶が無いし…
【2008.08.13 Wednesday 17:46】 author : zio
| 生き物 | comments(0) | trackbacks(0) |
パンダのレンタル料金
 パンダは中国にしかいないけれど、世界中の動物園でパンダは人気はあって、色違いの熊じゃんと思ってはいても、実際にみると確かにかわいい。

そんなパンダ。
日中友好とかで昔から日本の動物園でも見られるけれど、ただでもらったり、お金を出して買っているわけではなくて、全てのパンダは有料レンタルになっているらしい。
らしいというのは、人に聞いた話しなんで。

なんでも、パンダ1頭、1年間のレンタルで約1億円だって。
動物園にすればパンダを目玉に来園者が増えれば元を取れるのかもしれない。
パンダ1年、1億円。高いのか安いのか見当も付かないけれど、スポーツ選手なら野球でもサッカーでも1億円は大台だ。
サラリーマンじゃよほどじゃなきゃ無理だろう。

中国は世界の工場と言われて久しいけれど、実はパンダ工場な気がしてきた…

話しは戻ってこのニュース。
中国は中国国内の動物園でもパンダをレンタルしてるんだなあ。
さすがに値段は「年間100万元(約1400万円)」だけれど。

もしかして儲かってるのって中国じゃなくて四川省なのか?

そういえば、パンダも韓国が起源だってニュースが出てたな…
【2008.08.13 Wednesday 17:16】 author : zio
| 生き物 | comments(0) | trackbacks(0) |
3メートルの“連結”クラゲ
 「それぞれのクラゲは移動するために水を噴き出したり、えさを採ったりするのに適した形に変化しているという。」

ロボットが合体するときに、顔とか足や腕になって大きなロボットになるようなもんか?

「水を噴出す役」って、働きっぱなし?

「エサを採る役」だったら、他のクラゲの分まで食べてあげるのか。
食べては吐いて、また食べてを繰り返す昔の王侯貴族が羨ましがりそうだ。

「交尾する役」ってのはあるんだろうか?
さすがにその時は分離するか…
【2005.12.15 Thursday 10:48】 author : zio
| 生き物 | comments(0) | trackbacks(0) |