薄ろぐ記憶の記録
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.04.24 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
F-22J?
 日本輸出向けの改造って、F-15Jと同じく改悪ってことだろう。

F-15Jは空戦用のF-15Cをベースにしてるから攻撃用途にも使えるマルチロールなF-15EとかKとかよりも「空戦」は強いっていう意見もあるけれど、EもKも爆装せずに空戦装備ならC系に「空戦」で勝るって意見の方が真実みがあるように感じる。

実際に海外の軍事レポートを見ても、Suと西側戦闘機のレシオはC系よりE系の方が良い結果になってる。

そもそもCベースなJは空戦に強いって意見に対して、米空軍のF-15パイロットが自衛隊のF-15に乗った感想が「パワーが無くて驚いた」ってのはどういう事なのか。

それでも米空軍のF-15より航空自衛隊のF-15の方が強い「だろう」と言われているのは練度や整備の差なんだろうか。
ちなみにイスラエルのF-15は航空自衛隊の上を行くという評価が多い。

AWACSとかイージスとか現有戦力とのデータリンクに根本的な問題さえなければF-22なんておいかけてないでタイフーンでいいんじゃないか。
軍事マニアだけじゃなくて一般的にもそういう意見が広まりつつある。

F-22のステルス能力は(おそらくは)無警告に攻撃できないから、先週防衛な航空自衛隊に意味はないという考えもある。

先に手を出すわけには確かにいかないだろうけど、手を出した相手に攻撃しかえす機が、最初に攻撃を受けた機とは限らない。
F-22は自機が発射したミサイルを他のF-22がコントロールする能力もある。

ステルスで相手に見つからないF-22がミサイルのコントロールを中継して敵機を撃破するような可能性もあるわけだ。
このミサイル(AIM-120)の新型は射程距離100キロを超えるようだし、対地攻撃版も作られてる。

韓国ではF-22が地上攻撃できない、翼に対地ミサイルを装備するとステルス性がないから意味がないと書いてる記事もあるけれど(自動翻訳記事)、6発を内装できるAIM-120自体が対地ミサイルになることで、アビオニクスがスポイルされないという条件付きながらその論は外れる。
というよりも、韓国は文化日報という一般報道紙が日本との仮想戦闘の記事を載せて、自国が勝つと書いて喜んでいる(ように見える)のは悲しいを超えてかわいそうというか滑稽。

韓国のイージス艦と日本のF-22がぶつかる妄想として、電子戦記もAWACSも日本のイージスが全く考慮されず、逆に言えば韓国のF-15Kも考慮されず、韓国のイージス艦VS日本のF-22の戦況予想だけになってる。

これってアメリカのF-15と日本のF-15はどっちが強いのかと同じで、机上の空論のようなもの。

そもそも戦闘機が1対1で戦うという前提が一般的にありえない。
人工衛星、AWACS、電子戦機、地上レーダーにイージス艦、それぞれがデータをやりとりしてファーストルック、自軍が先に相手の位置を知って先に攻撃するという基本中の基本ながら、これは戦闘機1機の戦力よりも結果に影響する。

「モビルスーツの性能が、戦力の決定的な差でない」とはシャアの言葉だけれど、同じように「戦闘機の性能が戦力の決定的な差ではない」。

韓国の記事に関しては、ねつ造好きなことを含めて妄想というかファンタジーが好きな国民性もあってのことで、それが良いとか(良いわきゃないけれど)悪いとかってことはどうでもいい。

ともかく、F-22を日本に売るために改悪するのはある程度当然というか仕方がない。
衛星への攻撃オプションとか核ミサイル運用とか、そういう機能があれば削除するだろう。
でも完全ブラックボックス扱いで、日本が自由にいじれないような条件だったらそれってレンタルと同じでしょ。
F-15みたいにエンジンのパワーダウンは嫌だけれど、100歩譲ったとして、ノックダウン生産から早い段階でのライセンス生産が大前提だろう。

それが無理なら本当にタイフーンの方がいい。

そもそもアメリカの兵装はNATOでの運用も考えられてるはずだから、アメリカ製ばかりの自衛隊は嫌でもアメリカ製を買うしかないという消去法な択一ってことはない。

AIM-4Dだって日本が売ってくれってのをアメリカが売らないから日本で作ってみたら三菱の優秀な技術者が頑張って費用は高く付くけれど、オリジナルを超えるものができちゃって、焦ったアメリカはAIM-4Dを安く売って日本製ミサイルは幻になったってこともあった。

サイドワイダーもスパローも(言い方が悪いけれど)日本で作ったバージョンの方が高性能らしいし。

もうね、日米安保を免罪符にずるずるとアメリカの金ズルでいる必要はない。
北朝鮮とかロシアと有事になったとき、米軍が100%対処してくれる保証なんてないでしょ。
北朝鮮はともかく、ロシア相手にアメリカが本腰で戦争するとは誰が信じるだろう。

頻繁にあるロシアの領空侵犯だって、在日米軍はノータッチで、全て航空自衛隊が対処してる。
自国を守ることだから当然だけれど、それって領海も領土も、そもそも防衛自体がそういうことなんじゃないだろうか。

自国を守ることと、同盟は100%イコールであるとは限らないはず。
協力を仰ぐことと、委ねることは確実に違う。

核の傘、狐が虎の威を借ることと、それで自国の対抗力を放棄するというのは思考を疑う。

ありえないことだけれど、現代の日本がどこかの国とイーブンな軍事同盟を結んだとして、同盟国がアメリカやロシアと戦争になって、日本は直接関係が無くても同盟のために終戦か最後の1兵がいなくなるまで戦うの?
日本はしないけれどアメリカはしてくれると考えてるの?

 F-22公式サイト

F-2とか90式とかもホームページがあってもいいのになあ…
心神は作ってもいいんじゃないか(笑)
【2009.02.22 Sunday 02:09】 author : zio
| 軍事 | comments(2) | trackbacks(0) |
軍事用Apps KAC Bullet Flight
KAC Bullet Flight

 iPhoneは確かにGPSも使えて軍用に便利かもしれない。

しかし、「使用しているライフルの種別、目標までの距離、気温、気圧、ライフルのアングル、風速、高度、湿度をそれぞれ数値として入力することにより、正確な狙撃を可能とする弾道補正のための数値情報を表示してくれる」とあるけれど、使用しているライフルの種別は別として、それ以外の入力データをどうやって入手するんだろう。

KAC Bullet Flight

ライフルのアングルはiPhoneのモーションセンサーで感知してほしい。
気温、気圧、風速、高度、湿度は専用のユニットで解決するべき。
と、そう考えるとiPhoneじゃなくて専用のユニットにした方が早いだろうな。

軍用iPod製品と言いたいだけか…

製品(?)情報

 Armor Caseは49.95ドルで発売中。
【2009.01.31 Saturday 20:03】 author : zio
| 軍事 | comments(0) | trackbacks(0) |
無人兵器
 無人偵察機、無人攻撃機、次は無人戦車が登場しそう。

兵士が戦場で死なないということであったとして、誰かが死ぬことは変わりない。
的も無人兵器だとして、誰も死なない戦争や紛争はあるんだろうか。
これから先、無人兵器同士が戦って、人命に関わる危険が出た時点で降伏すればそういう事態も出てくるだろう。

アニメにもなった戦争小説で、「人命よりも大切なものがあると言って戦争を始める。命よりも大事なものはないといって戦争をやめる」とかそんな台詞があった。そして人類はそういうことを何百年、何千年も繰り返して、これからもそうだろうと。


ともかく、無人兵器は遠隔操作と自立思考の2種類に分かれるだろう。
一般的には遠隔操作で、それが不可能な場合は自立思考に切り替わるのがトラブルが少ないだろう。

遠隔操作は一番簡単に実現できるだろうし、精度を上げれば一番難しいだろう。

どこかの国らへんなら、簡単なラジコン程度を組み込んで無人兵器とか言い出しそうだし。
電子戦まで考えて遠隔操作に問題がないならば電波以外に、音波だとか光だとかも通信手段にするとか難しいレベルになるだろうし、自立思考となると、思考レベルがそのまま戦闘力になるだろうから見た目は同じでも攻撃力だとか帰還率が大きく変わってくることになる。


アメリカの無人戦車が実現したら相当な兵力になるだろう。
兵士が入る空間が必要ないから車体を小さくできる。
居住性を気にしなくていいからその分の機材もいらなくて小さく軽くなる。
小型化できる。
その分たくさん一気に運べる。
速度も運動性も上がる。
燃費も良くなる。
きっと安くなる。
その分たくさん作れる。
その分たくさん使える。
遺族年金の分もコスト換算したら10%くらいのコストになるかもしれない。
そう考えると今まで1000台分のコストで1万台使えるかもしれない。

兵士の命の心配がないから無茶な突撃で特攻という選択肢も出てくる。
そういう戦場での効果もあるかもしれない。


無差別テロとか自爆テロへの報復と抑止力にはなるかもしれないけれど、防止への特効薬的な技術とかなにかを早く開発なり発明なりしてほしいもんだけれど。
【2008.12.07 Sunday 16:32】 author : zio
| 軍事 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロシアのMig29に撃墜されたグルジアの無人偵察機
 なんとしても兵力を撤退させて話し合いで解決してほしい。

ロシア政府は撃墜の事実を否定し、撃墜を行った戦闘機はミグ29ではないと説明しているが、映像にははっきりとミグ29の機影が写っている。


確かにファルクラムであろう機影が写っちゃってる。

グルジアがどこか、統計局の地図をみると、この地図では左端にあるトルコの右上。

今の政権が続くとすればCISを抜けてUE、ロシアを考えるとNATOに早く入りたいのかもしれない。

でもアメリカはとにかく、EU諸国があまりに火種な状態のまま迎え入れるだろうか。
フランスが取り成した上で折衷案でまとまるとかしないと、出さない、出られない、迎えられないの八方塞かもしれない。

CISからしたらグルジアがEUに行ったら、ウクライナ、アゼルバイジャン、モルドバ(グルジアを筆頭に頭文字のGUAMと呼ぶらしい)に加えてトルクメニスタンらの動向が気が気じゃないだろう。

もしそれらの国が抜けてCISが七カ国になったら、ロシア以外の残りの国も政権はともかく世論がどうなっていくのか。
経済成長が国民全体の成長につながっていかないと、火種のままじゃ済まないだろう。
けれど、ソマリアとかと違ってどこも資源が豊かな国だから、アメリカもその時は動くんだろう。
するとロシアとアメリカの対立という最悪な構図ができるわけだけれど…

【2008.08.15 Friday 14:30】 author : zio
| 軍事 | comments(0) | trackbacks(0) |
完全な「光学迷彩」技術の誕生
 2次元の方向でしか機能しなくても取り合えず充分だろう。サイズが100分の1ミリでしかないってのも、だんだん大きくなるだろう。

電気モーターで静かに動ける車の前面に貼り付けて、真っ直ぐに近づけばほとんど見つからないだろう。
そんなんで無人車両を作って自爆させたらステルス地上誘導爆弾ができそう。

レーダーに映りにくいステルス戦闘機に光学迷彩も付けたらレーダーでも目でも見えない戦闘機になる。

いやいや、やっぱり全方位迷彩が可能でロングコートとか全身タイツで作ってくれなきゃ駄目だな(なにが?)。

すごい面白いけれど、軍事とか犯罪以外、日常生活にはなんにも使い道がないんだよな。
【2008.08.13 Wednesday 18:03】 author : zio
| 軍事 | comments(0) | trackbacks(0) |
対レーザー兵装
 アメリカ空軍が兵器の耐レーザー化を進めるらしい。

記事にもあるけれど、対策を進めるという事は効果があるから敵も使いたがるだろうと考えてる事になる。

簡単に真似される可能性があるのか、持ち出されたり略奪される可能性を考えてか、「戦いとは常に二手三手先を読んで行うものだ」という少佐の名言を知ってのことか。

レーザーがもし光速と同じで、当たった瞬間に相手を破壊できるとすると、目標が3キロ先にあったとすると、発射してから命中まで3百万分の1秒。一瞬ですらない。いつものごとく計算間違いの可能性もあるんで軽く読んでほしいけれど。

レーザーの破壊力、貫通力?とにかく対象を破壊できるほどの出力と、照射時間は技術の進歩で向上していくんだろうけれど、とにかく現状で破壊されるまでの時間を耐えられる兵装があれば、矛と盾の矛盾にはならないわけだ。

相手の盾は壊せる矛と、相手の矛は防げる盾を持ってたら、それって戦略兵器のレベルだな。
【2008.08.03 Sunday 22:34】 author : zio
| 軍事 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベネズエラが米戦闘機をイランへ「売却」示唆
ベネズエラのチャベス大統領の国防政策顧問は米国務省が前日に発表したベネズエラへの武器売却禁止に関連し、米国から購入したF─16型戦闘機を第3国へ売り渡す計画に言及した。核問題などで米国と厳しく対立するイランへの売却も検討対象としている。
両国は1982年にF─16型機の売却で協定に調印。米国は、協定では、同機を第3国へ移す場合などには米国との事前協議が必要と主張。ベネズエラ側は、部品を供与しないのは協定違反として対立している。

 どっちもどっちに見えるけれど、発端がアメリカだってことは間違いない。

世界中に売りまくったF16だけれど、中国を気にして台湾に売らなかったアメリカ。
門外不出的なF14でさえ、イランに売ったこともあるアメリカ。

兵器の寿命が尽きるまで、お互いの国が仲良くやってる可能性ってどんなもんなんだろう。
【2006.05.17 Wednesday 22:31】 author : zio
| 軍事 | comments(0) | trackbacks(3) |
W-ZERO3の大容量バッテリー
W-ZERO3用の大容量バッテリが登場。標準バッテリ(1500mAh)と同じサイズながら1900mAhの大容量を誇る。

 純正バッテリーと同じ価格で電池容量は25%アップ。

液晶画面が大きかったり、機能的にも仕方がないんだろうけれど、たしかにW-ZERO3って電池の減りが早い。

もし電池を交換するようなことがあって、純正と比べて価格が高くないなら大容量のものを選びたい。
【2006.05.06 Saturday 11:09】 author : zio
| 軍事 | comments(0) | trackbacks(0) |
米最新鋭戦闘機F22、日本へ輸出?
 アメリカの軍事予算削減は年々厳しくなる一方で、軍需産業はたいへんだろう。

湾岸戦争で話題になったB2とかも予算削減で配備数が削減されてる。
最新戦闘機のF22も大幅に配備数が削減されてる。

そんなことも無関係とは思えない様子で日本への売込みが強くなってる。

アメリカ空軍とほぼ同価格で日本へ売りたいってのも今までになかったこと。
それだけ高いってのもあるんだけれど。

このニュース、日本としても驚きなんだけれど、何十年も前に初飛行したF15をようやく配備し始めた韓国はどう受け止めるんだろうか。

米軍の沖縄基地にF15が来たのが1978年。30年近くも前。
その後に自衛隊も配備して今では200機以上。
老朽化するF4もF15に置き換えが決まってる。
F15はなにと置き換えるのかって問題もあるんだけれど、アメリカはそこにF22を売り込みたいらしい。
確かにアメリカから買うとすれば他に適当な機種もないんだけれど。

電子機器を更新した最新型とはいえ、そんなF15を世界最強の最新戦闘機として配備して大騒ぎになってる国ってやっぱりおもしろい。
最新のF15を配備したから日本より強いとか言ってる人4人に、F22って知ってるかと聞けば、知ってると答えた人がいない。
F16とF14は知ってた。
でもF/A18とかF23は知らなかった。

日本海のこっちと向こうでは30年くらいの時間の壁があるんだろうか。
【2006.02.20 Monday 09:56】 author : zio
| 軍事 | comments(0) | trackbacks(0) |
次世代迎撃ミサイル、3000億円
 「最大3000億円」ってあるけれど、大幅に超えることは間違いない。

単純に費用負担と考えずに、どうせ日本でも買う物、しかも使ってまた買うかもしれない物なんだから、一緒に作っておく方べきだろう。

軍事だけでなく、日本の技術が使われることは昔も今も多い。

中国やアジアの経済成長のせいで、ジェット旅客機が大生産されてる。
ボーイングとエアバスが二大メーカーなんだけれども、二社とも記録的な受注&生産をしてる。

ボーイングもエアバスも日本の会社じゃないから関係ないと思ってたら大間違い。
最近たまたま本で読んだんだけれども、三菱重工業はボーイングのジャンボジェットを月に5機も生産してる。しかもボーイングの要望で近いうちに工場を作って月産数を更に増やすらしい。

生産だけでなく、新型機では更なる大型化と軽量化が求められていて、胴体や主翼を複合材で作るのも日本メーカー。
これは自衛隊のF2攻撃機(日本では支援機)で使われた技術。
日本でしか作れないらしい。
それをジャンボジェットのサイズで作れるかどうかは、やってみないと分からないけれど、日本のメーカーなら作っちゃうんだろう。

こういうのって、もっと知りたいし、メーカーもアピールすればいいのに。
軍需産業だって思われたくないのかな。
【2005.12.15 Thursday 11:01】 author : zio
| 軍事 | comments(0) | trackbacks(0) |