薄ろぐ記憶の記録
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.04.24 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
イニシャルD


秋名ダウンヒル最速。

なわけない。

韓国でこのステッカーを貼ってる車を見たのは初めてじゃない。
【2010.07.02 Friday 17:54】 author : zio
| 乗り物 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミシュラン・アクティブ・ホイール
Michelin Active Wheel一見すると普通のタイヤのように見えるが、ホイール部分には自動車駆動のための電気モーター、ブレーキ、アクティブ・サスペンションの全ての機構が組み込まれており、車体側は、あとは電力さえ供給すれさえすれば、自動車を駆動させるための全てのメカニズムを完結することができる


 未来のタイヤ、っつーよりも、車の未来形のひとつなんじゃないだろうか。
モーターを車体ではなくホイールに入れて分散駆動させるのは慶応大のeliicaと同じだけれど、サスペンションまで内蔵させて、車体は電力を供給すればいいという発想がおもしろい。

慶大のeliicaといえば、清水教授の「蒸気機関ができたばかりの頃は、それまであった馬車にそのまま蒸気エンジンを載せていた。ガソリンエンジンができたばかりの頃の車も馬車のような形をしていた。その後、ガソリンエンジンを効率よく運用するための車体を研究して、馬車とは全く違う現代の形になっていった」という話しを聞いて感動というか衝撃を受けた。

そうだよ!それ!
と思って、当時、「パソコンで音楽を聴くためにあったら便利なもの」を考えていたとき、オーディオでもパソコン機器でもなく、パソコンで音楽を本格的に聴こうとする今までになかった新しい目的のためには、新しい形を考えるべきなんじゃないだろうか、と思って、設立したのがizoであって、企画したのが今のケースを使った製品群だった。

その後、意見の相違と、常軌を逸したレベルのトラブルまみれで、業務を離れて今に至るわけだけれど、延長線上に考えるべきことと、延長上に考えないで飛躍するくらいに考えるべきことの両面で考え抜いて、できること、やるべきこと、挑戦すべきこと、課題とすることを頭において毎日の仕事に取り組めるように、毎晩寝るときに翌日のことを、週末には翌週のことを考えるようにしてる。

その割りには苦労が減らないってのは、まだなにかが相当に足りてないんだろうなあ…
【2008.12.11 Thursday 01:47】 author : zio
| 乗り物 | comments(0) | trackbacks(0) |
新宿三丁目駅の誰もいない通路
新宿三丁目駅の明治通りに出る通路

我が家は埼玉県の朝霞で、東武東上線。
勤め先の1つは虎ノ門とかいう自分とはあまり縁のない場所にあって、どうやって行けばいいのか乗り換え方法もネットで調べないと見当もつかない。

副都心線ができて、朝霞から新宿三丁目へ直接行かれるようになって、急行なら4駅で行かれてかなり便利。

貧乏暇なしなのは相変わらずで、夜遅くで終電間際とか終電過ぎとかになることも度々で、そういう時はだいたい新宿の安ホテルに泊まっていたけれど、お金がもったいなくて外国人が泊まるようなゲストハウスだったり、新大久保の裏道にある韓国人しかいないような民宿に泊まることが最近は多い。

このエリアはいわゆる新大久保と言われるエリアだけれど、コアな店は職安通りとか明治通り近くに多い。
で、最寄り駅も新大久保とか新宿よりも東新宿が便利で、職安通りと明治通りの交差点に駅がある大江戸線か副都心線の方があるJRよりも都合がいい。

と、新宿三丁目のことなのか韓国料理のコアな店のことなのか分からずに終わる。
【2008.11.25 Tuesday 16:37】 author : zio
| 乗り物 | comments(0) | trackbacks(0) |
似合わない車ネタ
 噂のNewNSXは出なかったようで。

V10って話しは出てたけれど、そのV10が5000ccのATのみでFRって話しを聞いた。
来年発売に向けてニュルで走り込んでるらしいぞ。

どんなエンジン音なんだろう。
免許も無いのに楽しみだ。
【2008.10.06 Monday 17:01】 author : zio
| 乗り物 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヤマハのフューエルインジェクション原付
VOX XF50
VOX XF50ヤマハ発動機はテニスラケットも収納できる大容量トランクを備えた原付スクーター「VOX XF50」を発表した。メーカー希望小売価格は21万円。シートの下には、約34Lの大容量トランクを搭載。シート部とテールカウル部が一体となった横開き式で、テニスラケットやデイバック、A4ファイルなども楽に収納できるという。

 デザインもどうということないし、トランクが大きくて、燃費が少し良いというくらいか。ちょっとつまらない。
電動スクーターの新型は出ないかな。

 ニュースリリース
【2006.04.02 Sunday 23:15】 author : zio
| 乗り物 | comments(0) | trackbacks(0) |