薄ろぐ記憶の記録
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.04.24 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
イヤフォンの買い方
イヤフォンを買いたいけれど何を買えば良いかってよく聴かれるけれど、最近は自分でもイヤフォンを扱うようになって、気を使ってか「○○買ったよ」って言ってくれる事がある。

でも自分が扱ってる製品を自分からは勧めないのは、自分で良いと思ってるから扱ってるのは間違いないんだけれど、あげられる程余裕無いし、言って買ってもらうのもなんか気が引けるから。

でもなんにしても1つ言うのは、1個買うんじゃ無くて、違うイヤフォンを色違いで2つ買った方が良いと言う事。

日常的に毎日イヤフォンを使わないというなら大丈夫だけれど、いつでも無いと困るというなら、しまいなくした、見つからない、断線したのか音が出ない、とか言う時に予備があった方が良いはず。

それと、2つあると言うだけで「今日はこっちのイヤフォンにしよう」って選べるかどうかの差はかなり大きい。
音で選ぶか色で選ぶか形で選ぶか、何にしても選べるかどうかの差は大きい。

予算5000円というなら、その予算で2個買ってほしい。
予算3000円というなら、1000円とかのイヤフォンを買わないで、今持ってるイヤフォンを手放さずに、もしくは壊れる前に3000円のイヤフォンを買い足して2つを使い分けてほしい。

最初は「イヤフォン2つもいらない」って思うのが普通だと思う。
でも、イヤフォンを選ぶって結構楽しいもんだって。

そりゃ使うのは1個だけれど、今日はどんな服を着ようかって温度とか天気で選ぶように、今日はどんな音楽聴こうかなってイヤフォンを形と色と音の傾向で選べると、音楽の楽しみ方が広がる。


自分の仕事で言うと、楽しみ方を拡げるってのは、幅を拡げるのか掘り下げるのか2つあるけれど、そのどちらかではありたいと思ってやるかやらないか決めてる。

拡げられないのに投入するなら失敗するか、成功しても他の何かと入れ替わるだけ。
入れ替わるってのは言葉を換えればシェアを奪ったってこと。
仕事でシェアを奪うってのは重要な事だけれど、選択の幅が広がったのかどうかで考えれば広がってないから自分としては失敗。

こういうのがあると良いでしょ。
こんな音が出るのって無かったでしょ。
ここら辺から離れないように気をつけてる。

選択肢を拡げたからって、選ばない人がいるのは当然。
それが選択肢なんだから、好きな物を選んでほしい。
全く選ばれないと悲しいけれど(笑)

自分にとっての価値と市場においた時の商品としての価値は100%イコールじゃ無いけれど、少なくとも自分が外から見てその製品をその価格であったら欲しいかどうか、欲しいだけじゃなくて買いたいかどうかで考える。


また余計な事まで書いてるけれど、結論としては、イヤフォンを使うなら2個以上持ってねってこと。

でも3000円でイヤフォン買うかCD買うかで選ぶなら、CD買う方をお勧めする。
買ったCDを凄く気に入って、その曲をもっと良い音で聴きたいという目的があってイヤフォンを買ってほしい。

これはイヤフォンだけじゃなくてヘッドフォンアンプとかDACとか、オーディオ製品全般同じ。
だって、オーディオ製品をわざわざ買わなくてもパソコンがあればCDを聴けるしダウンロードならCD買わなくても聴ける。

この曲をもっと良い音で聴きたいんだ、この曲をもっと聞き込みたいんだって言う程好きな曲に巡り会う前に機械にお金を使っちゃうのはもったいない。

映画をはじめて1本観た人が、その映画を観るためにDVDとかBDとかの機械を買うようなもの。
もっとこういう映画もあるよ、その映画は続編があるよ、その映画監督はこういう映画も撮ってるよ、その主役はこういう映画にも出てるよ、とかそっちを先に教えてあげたい。

機械を売ればメーカーとか販売店はその時は儲かるかもしれないけれど、その人にとってもお店とかメーカーにしたって、そうした方が良いはず。

ああ、また余計な事書いてる。

【2012.03.18 Sunday 15:35】 author : zio
| ヘッドフォン | comments(0) | trackbacks(0) |
OPAMPを交換できるDAC内蔵ヘッドフォンアンプ
1年前から日本で販売できないかと知人やオーディオショップの方に聞かれていた新しいブランド。

去年は縁が無く行動できなかったけれど、今回はいくつかタイミングがあって、現在準備中。

時間が無いから自分が直接やるわけではなくて、いろいろ環境作りを手伝うのと、企画と音作りはできる範囲でという条件で協力することになった。

Styleaudioのようなオーディオ志向ではなく、かといってPCのサウンドデバイス志向でもなく、エゴシスにいた時に企画した某DACに近い。
今となっては不思議な縁だけれど、某DACの初代は営業責任として準備して、2はマーケティング責任として準備して、また似たような製品に関わるとは思わなかった。

違いはいくつもあるけれど、設計、開発、生産、QC、全て数段上だろう。

企画はどっちもどっちだけれど、これは日本サイドでやればいいこと。
音作りも多分どっちもどっちだけれど、これも日本サイドでやればいいこと。

OPAMPはソケットで交換可能。定番なSRC搭載。
USBチップは某DACと同じ。

この類の製品がいくつかのメーカーから出てきて選べるようになるってのは悪いことじゃない。

メーカー間での足の引っ張り合いが多い業界ではあるけれど、業界自体が極ちっぽけな状態なんだから、もっと全体を見て全体を大きくすることを考えてほしいと常々思う。

そんなわけで、OPAMP交換とかそんな感じのモノに興味があるならば、夏には新しいブランドを出せるように準備中なんで、頭の片隅にでも覚えておいてください。
【2009.05.17 Sunday 18:53】 author : zio
| ヘッドフォン | comments(0) | trackbacks(0) |
春のヘッドフォン祭り 2009
OPAMP CXA4559

今年もフジヤエービックさん主催のヘッドフォン祭りに参加させてもらった。

ずっと「ヘッドホン」って書いてたフジヤさんだけれど、今回から「ヘッドフォン」に変えた理由はなんだろう…

今書いてもアレだけれど、展示内容はStyleaudioのCARAT-TOPAZ。
CARAT-EMERALDは展示機の用意が間に合わず…


前回は夜の飛行機で出張に行く予定が外せなくて17時前に撤収しただけじゃなく、準備不足もかなり感じたんで、今回は周到に準備した、はずだった。

前日は丸1日準備作業に当てて、中野サンプラザのホテルも予約済み。
前々日までは出張だけれど、4月末からスタッフもできたことだし、かなり余裕のある準備態勢を整えたつもりだった。

丸紅インフォテックさんのiSofaとPA40Ti も展示することになり、使用電源には昨年に出展したハイエンドショウで気になっていたボルトアンペアさんのGPC-Tをお借りできることになった。

DigiFi JAPANも出展することになっていて、隣のテーブルにしてもらったからスタッフとDigiFiのメンバーと自分の3人体制で、今まで1人でやってたことを考えるとかなり充実というか、苦労は減りそう、とか甘い考えを持っていた。

で…

前々日に帰国する予定が急用が入って1日延長になって、日本に着いて自宅に帰ったのは前日の22:30。
すぐに荷物の準備を始めて終わったのが4時過ぎ。
すぐに仮眠して、7時に起きて、準備して、ダンボールを抱えて車でサンプラザへ向かったのが10:30。
着いたのが11:15くらい。

スタッフのIさんが心細そうに待ってました…
当たり前だよな…
ごめんなさい!

3人体制で、交代で休憩できるかなとか思っていたけれど、実際は人が途切れず、でもDigiFiのメンバーとIさんは休憩させないとならず、自分は食事抜き、休憩抜き、トイレも行かれず最期まで乗り切った。
いや、頑張った、俺!

終わった荷物はサンプラザさんに頼んで宅配で送ってもらうことになって帰りは楽。
ヘッドフォン仲間と飲み食いして、2件目には4人いたけれど、3件目に入る直前に3人になっちゃって、4件目には二人になってたけれど、結局明け方で飲んで、更に5件目で食事して、普通に朝になって自分は力尽きて終わった。

画像は1件目の飲み会で見せてもらったSONY印なOPAMP。
こんなものもあったんですね。
このOPAMPはOEMだろうけれど、SONYは内製率がどんどん下がっているけれど、5年後10年後にはどういう会社になってるんだろうか…


日曜は寝てたかったけれど、月曜に打合せが入っててその準備のために昼から作業開始。
今週はイベントの荷物の片付け、借り物の返却、打合せ数件、スタッフIさんとミーティング、次の出張のスケジュール調整、Styleaudioの仕入れがあって、一応全部手はずは付いた。

来週は月曜日打合せ数件。
水曜からまた出張。
木曜金曜と打合せが続いて、土日は久しぶりに丸々休みになる予定。

休みといっても、PCとかオーディオとは関係の無い業種の新しい仕事の作業にあてる予定で完全な休みはまだまだ当分は取れないけれど…

もともと仕事人間じゃないし、読書と散歩が好きな放浪人だけれど、この3年くらいは仕事にどっぷりな感じ。

疲れのせいか持病がいくつか出つつあるし、早く落ち着かせないとまた入院とか長期療養になったらシャレにならない。


夏までに成果を3つ、年末までにもう1つ、1年後までにもう1つが目標。
ちゃんと書けないこともあるけれど、何も書かないと後で自分でも分からなくなりそうだから、簡単に。

一ヶ月以内に!
C、オープン

夏までに!
J、スタート
U、スタート
M、スタート

年末までに!
S、システム変更!

1年後までに!
C、拡大!

全て上方修正できるように、まだまだ頑張る。
【2009.05.16 Saturday 21:10】 author : zio
| ヘッドフォン | comments(0) | trackbacks(0) |
ヘッドホン祭り
ヘッドホン祭り

11月16日!
フジヤエービックさん主催のヘッドホン祭りに参加するため、中野サンプラザへ行ってきました。

諸々の仕事で前日と言うか当日の明け方5時まで作業してました…
7時に起きて準備を再開したものの、開場に5分ほど遅刻…

しかも肝心の展示物の一部を自宅に忘れて、連れに連絡して持ってきてもらうことに…

T店長が冗談で「愛人ですか?」とか聞くから、超が付くほどマジメなツレは本気にしちゃってしばらく微妙なことになりました…

ともかく、展示はなんとかできて、多くの方にStyleaudioとDigiFiの音を聴いてもらうことができて、他にもいろいろご感想やご意見を聞けたので参加して本当によかったです。

外せない用事があって、イベント終了の30分前に撤収しちゃってすみませんでした。


ヘッドホン祭り 中野サンプラザ

中野駅のホームから中野サンプラザを写してみた。
多分、このどこかがヘッドホン祭り会場のはず。

中野から中央線で神田まで行って、山手線で浜松町へ出て、モノレールで羽田へ。
20時の飛行機でソウルへ行きました。

ということで、続く…
【2008.11.25 Tuesday 17:03】 author : zio
| ヘッドフォン | comments(0) | trackbacks(0) |
Operaシリーズ
DigiFiのOperaシリーズ第一弾はOpera S1。
予価12800円!

DigiFi Opera S1


他にもいくつか開発中のものをちょっと紹介。


iPodのヘッドフォン接続じゃなくてドッグ接続できたら、もっと音も良くなるし便利だろうなあ。
ということで、

Opera S5 トランスミッター

iPodのドッグ用ドングルも開発中です。


Opera S5+iPod

こんな感じ。


Opera S5 レシーバー

iPodドッグドングルと一緒に使うオプションとして、iPodとして出力する受信機も開発中。
これはなにかというと、iPod本体からドッグ接続でKleerを使ってワイヤレスで音声を飛ばして、これで受信して、iPodのドッグコネクタとして出力する。

で、なにができるかというと…


Opera S5 レシーバー+ドッグステーション

iPodの変わりにこのレシーバーを取り付ける。
するとiPodを手元で操作して、Kleerで飛ばしてiPodとクレードル接続する機器をワイヤレスで使えるようになる。

そう!iPod自体がリモコンになっちゃう!
これってすげえ!
iPod対応機器にもリモコンが付いてる機種って多いけれど、iPod自体をリモコンにした方が操作も液晶も確実に便利でしょ。
iPodを持ってない人は、これを使うためにiPod買っても良いんじゃないかってくらい。


Opera S2

最後に、Opera S1の後継機も開発中。
このイヤフォン部はハイエンドオーディオで有名なマークレビンソンの音響データを活用して設計とチューニングを進行中。
オリジナルモデルの音を聴いてきたけれど、想像以上に良い音で驚いた。
このイヤフォンだけでも売りたいと思ったけれど、色々な大人の事情でできないらしい…


iPodにKleerチップが内蔵されれば言うことないんだけれど、難しいんだろうなあ。
iPodじゃなくても良いからMP3プレイヤーで搭載してくれればいいのに。
COWONにいた時にも提案はしたんだけれど駄目だった。
ということで、そっちも企画進行中。


Operaシリーズ以外にも研究とか開発ラインが進行中で、今後が楽しみ。

とか思っていたら、縁が重なってDigiFiのマネージャーになったので、ワイヤレスイヤフォンとかそっちの仕事もすることに。


貧乏暇なしというか、貧乏のままどんどん暇なしというか、毎朝6時半に起きて、朝食を取らずに仕事時間に充てて、昼食も取らずに仕事時間に充てて、毎日23時過ぎまで仕事して、土日も仕事して、これ以上は仕事増やせない。

考えてみると。毎日14時間は仕事してる。
ほとんど土日も仕事だから一週間で100時間くらい働いてるんじゃないだろうか。

いつか報われる日が来るだろう…
来なきゃなあ…

今年はこのままだとしても、来年はもっと仕事とプライベートと余裕を持った生活ができる環境を作りたいと思う今日この頃…
【2008.10.31 Friday 14:08】 author : zio
| ヘッドフォン | comments(13) | trackbacks(0) |
Kleerで高音質なワイヤレスイヤフォン、DigiFiのOpera
DigiFi Opera S1

一個前で書いたDigiFiの第一番、Opera S1。
日本では加賀電子さんから年末発売に向けて進行中。

アメリカで高音質と評判になってきてるSleek AudioのSleek Wirelessも、ワイヤレス部はDigiFiのユニットを採用。
Sleek Wirelessについてはささきさんも書いてる。

「音は驚くほどクリアで解像力が高く、これが無線とは信じられません。思わず手で探ってしまいました。Kleerおそるべし。。
もとのケーブルとも聞き比べましたが変わりません。」
との評価。
ささきさんが言うんだから本当でしょ(笑)


Sleek Audioは320ドルで販売中。
Kleerのユニットだけなら120ドル。

加賀電子さんはOpera S1を12800円にする予定らしい。


iPhoneにつなぐとこんな感じ(ささきさんの写真

おもしろいのは、ワイヤレスでも音が良いからヘッドフォンアンプにつないで使うという方法(これもささきさんの写真

年末に出るヘッドフォンブック2009にも掲載予定なのでぜひ読んでみてください。
【2008.10.31 Friday 13:44】 author : zio
| ヘッドフォン | comments(0) | trackbacks(0) |
Bluetoothより高音質なワイヤレスイヤホン
時間がかかったけれど、日本での発売が決定!
発売日はまだだけれど、加賀電子さんに国内販売をしていただくことになりました。

DigiFi社のOpera S1です。

DigiFi Opera S1

BluetoothはMP3やAACで圧縮転送もできるけれど、処理が重くて音切れしたり電池を消耗するからSBCとかeSBCを使うことが多い。

プレイヤーに入ってるMP3とかAACをアナログ出力して、それをまたMP3かAACにエンコードしてワイヤレスで飛ばして、イヤフォンでまたアナログに変換して聴くというだけでも音質的にデメリットを感じる。

なのにMP3かAACだと負担が多いからという理由で選ばれるSBCはどの程度の規格なのか気になるけれどよく分からない。
MP3はMpeg3ではなく、Mpeg1のLayer3で、Mpeg1という初期の規格の中で、処理は重いけれど圧縮率を高くできるという物、のはず。

今でこそMpeg1のLayer3は当たり前だけれど、MP3が出始めの頃はCDからMP3に一曲だけ変換するだけでも数十分はかかった気がするけれど覚え違いだろうか。

ということで、Mpeg1のLayer2とかMpeg1のLayer1とか、ファイルサイズはあまり小さくならない(圧縮率が低い)けれど、処理が軽い(早く圧縮できる)形式を使うことがほとんど無かったけれどあるにはあった。

SBCはMpeg1Layer3に対するMpeg1Layer1みたいな扱いなのかもしれない。

Mpeg1Layer1はMpeg1Layer3の下位というわけではなく、音質は全くかほとんど変わらないはず。違うのは、どれだけ小さくするのか、そのための処理がどれだけ大変か。

SBCは処理が軽いけれどあまり圧縮できない。それ自体は音が悪いこととイコールではないはず。
あまり圧縮できなくても、転送レートが高ければ、そもそもそれほど圧縮する必要も無い。
Bluetoothがバージョン1.2から2.0になってEDRになって、転送速度は2.1Mbpsになってる。

CDの音をそのまま転送するときのデータはだいたい1.4Mbpsだから、圧縮しなくてもBluetoothでもEDRなら転送できるはず。

だったらどうしてBluetoothの音質はイマイチなのか分からない。


話しがかなり遠回りになったけれど、Bluetoothはいろいろ便利だけれど、高音質再生にははっきり言って向いてないというか、扱いきれない。
もとからして高音質再生を見越して作られた規格じゃないから当然ともいえる。

そこでKleerなわけですよ。
CD音声のデータ量は約1.4Mbps。
Kleerは2.37Mbps。
これがKleerは高音質と言われてる最大の理由。

実際にヘッドフォンで世界トップレベルのゼンハイザーがすぐKleer対応のイヤフォンを今年1月のCESに展示した。

日本ではまだKleer対応製品の情報を聞かないけれど、Bluetoothの普及にも時間がかかった日本だからKleer対応にも時間がかかるのかもしれない。

そんな中で、DigiFiというメーカーがKleer自体からの協力を得て対応製品を開発中。

第一弾は文頭の写真、Opera S1。
2〜3時間の充電で10時間くらい使えるのはKleer自体がかなり省電力なおかげ。
おもしろいのは、1個の送信機で、4つまでのイヤフォンを鳴らせること。
送信の遅延時間、レイテンシーがごく小さいからBluetoothみたいに映画を見てるときに映像と音声のタイミングがずれるということがほとんどというか人が感知できる範囲で言えば無い。DVDだけじゃなくゲームとかなら特に大事なことかも。

MP3とかBluetoothのことで長くなったから次回に続く…
【2008.10.31 Friday 11:51】 author : zio
| ヘッドフォン | comments(2) | trackbacks(0) |
SLEEK AUDIO
SLEEK AUDIO というアメリカのイヤフォンが日本に入ってきた。
SA6は249.99ドル。

このSA6のユニットを使って、DigiFi社のKleerユニットと組み合わせた Sleek Wireless ってのが出るんで期待してる。

SA6が249.99ドルだから、300ドル越えは間違いないだろうなあ。

あ、SA6が日本では31800円で売ってるのか。
ということは39800円とかかなあ。


というわけで、DigiFiからサンプルをもらってきた。

Sleek Audio Sleek wireless

すげえ、音良いし。
ワイヤレスでこれだけの音が聴けるようになったんだなあと感動。

ここまでくるとトランスミッターを内蔵したプレイヤーが欲しくなる。

ということで、DigiFiでKleerチップを内蔵したPMPを開発中!

iPodのドッグユニットも開発中!

他にも開発中!

DigiFi日本法人、立ち上げ準備中!
【2008.10.22 Wednesday 16:19】 author : zio
| ヘッドフォン | comments(2) | trackbacks(0) |
ワイヤレスイヤフォンの続報
いろいろと打ち合わせをして、年末以降展開が進みそう。

日本での展開を外部から手伝う形だと考えていたけれど、内部に入る事になりそう。

韓国のLG電子のオマケで付いてくると言うイヤフォンを聴いてみたら凄く良い音で驚いた。
普通に1万円以上はするんじゃないかってくらいに良い音。
プラダ携帯は聴いたことがあるけれど、マークレビンソン携帯ってのがあって、そのセットのイヤフォンとのこと。
なんでも、マークレビンソンが会社を辞めてLGに入って膨大な音響データやらノウハウを活かせてるらしい。

今は詳しく書けないけれど、その音響データを使った専用イヤフォンで、Kleerでワイヤレスって、こりゃあ凄いワイヤレスイヤフォンが作れそう。
【2008.10.18 Saturday 20:13】 author : zio
| ヘッドフォン | comments(0) | trackbacks(0) |
携帯音楽プレーヤーの大音量使用で難聴のリスク
 分かっちゃいたけれど、具体的に言われると説得力が増すもんだ。

自分は仕事でイヤフォンを使うことが増えてから、移動時とか仕事以外では極力ヘッドフォンを使わないようにしている。

ずっと昔にDTMをしていたころ、1日中とか何時間もヘッドフォンをして曲作りしてると耳がどんどん聞こえなくなっていって、最後は耳が(目とかもだけれど)疲れてやめるんだけれど聴覚自体にダメージが残るということまでは当時気にしてなかった。

iPod裁判で100dBまでに抑えられているけれど、どんどん音量が小さくなったらポータブルヘッドフォンアンプが必要になって、とかそれって消費者的にマイナスな上に結果的に意味が無い。
【2008.10.14 Tuesday 19:55】 author : zio
| ヘッドフォン | comments(0) | trackbacks(0) |