薄ろぐ記憶の記録
 
<< モニター音質イヤフォン MDR-EX90SL聞き比べ | main | キーボードと人間と、どっちが悪いのか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.04.24 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
MDR-Z900HDとMDR-SA5000
最近発売になったMDR-Z900HD。もうひとつはオーディオファンにも評価の高いMDR-SA5000。両機種とも、どちらかと言えばSACDやDVD-Audio向け、あるいはスタジオ等業務向けヘッドホンだが、音質の評価も高いし興味津々。

 番長が2つのヘッドフォンでお悩みのようであらせられる。
たまたまこの2機種を持ってる身としては、ぜひSA5000を勧めたいところではあるけれど、コレひとつでチェックするとしたら勧められない。
オーケストラとか音がたくさん鳴るような曲だと、各音の聞き分けとか解像度とか定位とか、最高レベルに嬉しくなるほどのヘッドフォン。
難点は、ボーカル曲とか単音な曲とかだと、かなり寂しい鳴り方をしてくれる。チェック用ならそれでいいと思うかもしれないけれど、想像以上に寂しい。CD900STを使ってた方がマシだと思う。

Z900HDは音が太い。これは良くも悪くも太い。サウンドチェック用としてはちょっと使いたくない。一般的にはこういう音で聞かれているんだろうなという意味でのサウンドチェック用にはいいかもしれない。

ちなみにSAシリーズだと1000と3000もあるけれど、音も作りも全く違うから5000を気に入ってるとするなら、簡易版だと思って手を出さない方がいい。
【2006.04.29 Saturday 14:20】 author : zio
| | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
【2017.04.24 Monday 14:20】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zio.jugem.cc/trackback/1001
トラックバック
骨伝導ヘッドホン・AUDIO BONE
 音楽用に研究開発した最新の骨伝導ヘッドホンのAUDIO BONE(オーディオ
| きっと日刊じゃんくま新聞 | 2006/05/01 5:36 PM |
4/16から高帯域再生可の骨伝導ヘッドホンをティアックが:北陸先端科大が骨伝導補聴器のくぐもり音改善
ティアック(株)は、超磁歪式を採用して、これまで困難だった高帯域の再生が可能で、本来の音を感じることができる骨伝導ヘッドホン“Filltune”「HP-F100」を4月中旬より発売。価格はオープンだが、同社直販サイトでは16日から受注で52,500円(税込)で販売される。重
| 補聴器最新情報 | 2007/04/14 1:24 PM |