薄ろぐ記憶の記録
 
<< UMIDのmbook | main | にく >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.04.24 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
麻生首相
テレビのニュースは麻生自民党の悪いニュースはたくさん流して小沢民主党の悪いニュースはずいぶんと控えめなんじゃないかと感じるのは気のせいだろうか。

麻生首相って、今までの総理大臣ができて当たり前だけれど、できてこなかったことをやってくれてると思うんだけれど、そういう面はテレビで報道されてないんじゃないかな。

 「尖閣諸島に安保条約適用」米国務省が公式見解

調査したらいろいろ資源がありそうだと分かった後になってから中国と台湾が自分の島だって言い始めた尖閣諸島。

特に中国はご執心な様子。

その尖閣諸島が万一中国に武力攻撃を受けたら、アメリカは安保発動で共同防衛行動をとるという見解をアメリカ国務省が出した。

麻生さん、ナイス。


 麻生首相、露大統領に強硬姿勢 「具体的進展なければ関係つくれぬ」

小泉さんが4島のうち2島でも帰ってくればいいとか言ってた北方領土。
麻生さんはロシアのメドベージェフ大統領に開発やらエネルギーやら協力しろってのは、北方領土の問題を解決したあとだと話した。

検討すると返事しただけで、相変わらずの引き延ばしだとしても、きっぱりと言ってやっただけでも、麻生さん、ナイス。


 日米印の連携強化=麻生首相

インドとの連携強化は日本にとってありがたい。
生産地としても市場としても中国一辺倒じゃなく、大国としてならインドとの関係を強化していくのは有意義だろう。

麻生さん、地味なニュースかもしれないけれど、ナイス。


 ミサイル発射なら北資産を凍結 日本政府

安倍さんの時もきちんと取り締まってたはずだけれど、福田さんになってまた緩くなってた様なき気がする総連関係。
麻生さんになってまた取り締まるようになってナイス。

安倍さんといえば体調不良で総理を辞めて敵前逃亡とか無責任とかさんざん叩かれて病院を退院して国会に復帰したとき、他の議員は無視したり会釈くらいしかしないイジメのような状況を国会中継かニュースで見たけれど、きちんと立ち止まって挨拶をしたのが麻生さんだった。

カップラーメンの値段を知らなくても、漢字の読みが苦手でも、こういった態度とか、当たり前のことをきちんと言えることが大事なんじゃないのか。

カップラーメンの値段を知っていて、漢字の読み書きが得意でも、日本のためにならないことをたくさんやっちゃってきた人、する人は他にたくさんいる。

欠点ばかり攻めないで、行動と実績もきちんと評価してあげてもいいのに。


北朝鮮はミサイルじゃなくて人工衛星と言い張ってるけれど、ロケット発射の準備をしている。

民主党の小沢さんは「わが国が武力攻撃を受ける恐れがある事態である、とは常識のある人は思わない」とか言ってる。
小沢さんがどう考えているかは当然自由だけれど、それを常識だとか国民の意思と決めてほしくない。

攻撃を受ける恐れがないと決めてかかったら、国防を考えなくても良いと言うことなんだろうか。

ロシアは領空侵犯をして、中国や北朝鮮は領海侵犯をして、韓国は竹島を自分の島だと言い張り実際に韓国人が住んでる始末。
北朝鮮は日本を飛び越えて太平洋にロケットを落として「人工衛星の実験」だから問題ないとか言ってる。

日本もH2を日本の領海ギリギリの日本海へ撃ったら中国とか北朝鮮は、もしかしたら韓国もどんな反応をするんだろう。

なんなら弾頭が入ってないことをテレビ中継してから打ち上げてもいいだろう。
それで「平和利用の実験」と言ったら、彼らはどんな反応をするんだろう。

その時の小渕内閣は北朝鮮に「遺憾の意」を伝えたけれど、弱いよなあ。

麻生さん、当たり前のことをきちんと言ってくれて、ナイス。

テレビのニュースしか見てない人は、麻生さんの功績を知らないんだろう。
北朝鮮のテレビとか、戦中の大本営発表みたいなもんで、反麻生なニュースばかりをテレビでやっていたらと考えると怖い。
反面、インターネットはいろいろなニュースを好きな時間に見られるから本当に良い時代になったと思う。
【2009.03.07 Saturday 02:47】 author : zio
| 一般 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2017.04.24 Monday 02:47】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
■北朝鮮が韓国の民間機テロ脅迫、その理由とは―さほどの脅威ではない?
こんにちは。北朝鮮のミサイル、それに領空通過制限など、もう最後のあがきですね。北朝鮮を締め上げる手口はほかにもたくさんあります。日本政府は、これからも様々な手口を利用して攻めあげて、最終的には、北朝鮮そのものを消し去るべぎです。現体制が残っている限り、拉致問題などいつまでたっても解決されないし、東アジアの緊張も高まるばかりです。詳細は是非私のブログをご覧になってください。
| yutakarlson | 2009/03/08 11:24 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zio.jugem.cc/trackback/1476
トラックバック