薄ろぐ記憶の記録
 
<< PC版「やってはいけない」 | main | マッコリ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.04.24 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
StyleaudioとかDigiFiとかmbookとか
なんやかやと、仕事だか趣味だかボランティアだか、いろいろ頼まれたり任されたりで、断れること、断ってもできる範囲でと頼まれること、断りにくいこと、断れないこと、なんだかそれぞれのレベルが山積みになりつつあり、当然それぞれが遅れちゃっていて、それぞれ皆さんすみません。

具体的には…

StyleaudioのRUBY日本版なTOPAZは、現在税関の通関処理中。郵政民営化の一環なのか先月から処理が変わって時間がかかるようになり、発売日ギリギリに間に合うか間に合わないか微妙な状況。

同じくEMERALDはTOPAZに一週間遅れくらいで進められそうな感じ。


DigiFiの新製品は5月くらい?
春のヘッドホン祭りには試聴機を持って行けるはず。


最近話題というか、一番聞かれるUMID社のmbookは、手伝うつもりが任されるような状態になりつつあり、個人的に欲しいというところからスタートしてるから嬉しいけれど、作業量的に厳しいながら全力で動いてる。

と、いうことで、しばらくウスログの更新は少ないかできないかな状態が続くと思うのですみません。

もうちょっと書くと、TOPAZの製品版の最終的な音は相当なレベルになった。時間かけて無駄にならなくて良かった…
EMERALDもバスパワーで動くヘッドフォンアンプ内蔵USB-DACとしては最高峰なんじゃないかという感じ。
いや、バスパワー抜きにしてもここまでの音ってちょっと無いよな。
TOPAZは自分用に買おうと思ったけれど、持ち歩きようにEMERALDも買おうかな。
ちなみに今まではUD1を持ち歩き用に、家ではHD1を使ってる。

最上位機種のSAPPHIREも去年から音だしできてるけれど、まだ音を煮詰めて試作進行中。
ほとんどの仕様をTOPAZで採り込んじゃったから、ヘッドフォンアンプが無いSAPPHIREよりもTOPAZがある意味最上位機種かもしれない。

DigiFiはkleerイヤホンの他にも超指向性スピーカーとかデジタルワイヤレスマイクとかもやっていて、イヤフォンだけでも試作とか試聴とか時間も予算もかかることばかりで楽じゃない。
新型はこれまた良い状態になってきてる。

mbookは、いま英語版キーボードに英語版Windowsでテスト中。
「なにに使うの?」って聞く人もいるけれど、1日とか一晩使ってみると、こりゃ便利!欲しい!って人は絶対に少なくない!って言い切れる。
PSPに近いようなサイズで、キーボード付きのWindowsパソコンで、バッテリーが5時間前後持つって、それだけですげえ。
逆に言えば、そこをスゲエって思わない人にはなにを言っても「なにに使うの?」ってことなのかもしれない。

317グラムで5時間動くWindowsパソコンって、競合製品は当分無さそう。
とかいってすぐ出たりして(笑)

春のヘッドホン祭りで、mbookをソースにして、EMERALDをバスパワーで動かして、Operaで聴くとか、1人コラボレーションな展示をしてみようか。
【2009.03.26 Thursday 15:29】 author : zio
| ガジェット | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2017.04.24 Monday 15:29】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
お世話になります。
onoと申します。
DigiFiの指向性スピーカーについて記載がありましたが、
これって購入等はできるのでしょうか?
もしご存知でしたら教えていただきたいです。
| ono | 2010/01/14 11:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zio.jugem.cc/trackback/1480
トラックバック