薄ろぐ記憶の記録
 
<< 酒 | main | イヤフォンの買い方 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.04.24 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
iPhone4/4S、iPad聴き比べ
iPadを使ってみて、ヘッドフォン出力の音がiPhone4SとiPad2とも微妙に違うと感じて、ちょっと調べてまとめてみる。

仕事じゃなくて完全に個人の好みなんで、扱ってる製品とか関わったモデルの指向とは関係無いです。


比較したのはiPhone4/4S,iPad 1st/3rdの4つ。

4SとiPad(2012)は同じチップだけれどiPadの方が量感をレンジの広さに感じて好みに合う。

iPhone4と初代iPadも同じチップだけれど、同じくiPadの方がパワーがあって好ましい。


iPhone4と4Sを比べると、まず単純に4Sの方がS/NがよくいわゆるHi-Fiな感じでリバーブや余韻の消え方の描写に優れてる。
でも自分の好みからいうとすっきりし過ぎていて、一長一短でどっちが良いかは曲と鳴らす機器次第。

初代iPadとnewiPadで比べると、やはり一聴してnewの方がS/Nがよく小さい音まで描写してくれる。
でもやっぱりスッキリしていて、イヤフォンやスピーカーとの組み合わせ次第、曲次第でどちらが良いと簡単には選べない。
iPad2は手元に無いけれど、newiPadとほぼ同じ。若干違うかなと思うのはS/Nが良い分すっきり聞こえちゃう中でも量感で押してる部分がiPad2は若干弱いかも。

今手元にあるイヤフォンいくつかで聴いてみた限りで、自分の好みで順番に並べるなら、
初代iPad、newiPad、iPad2、iPhone4S、iPhone4な感じ。

仕事を別にすると個人的にはiPhoneでもiPadでも音楽聴かないから他の人の参考にならないかもしれず。

備忘録的にチップも調べてみたから書いておく。
ソースは仕事中のメモとか仕事先からメールでもらった資料とかのかき集めだから違ってる部分もあるかもしれず。


iPhone3Gまではwolfsonだった。
例えばiPod nano(3G)は
338S0462
76AKKTM
WM1870

iPhone3GSのあたりからCIRRUS LOGICに変更。
ヘッドフォンアンプ内蔵の低消費電力なチップ。

iPod touch(2G)
42L58

iPhone3GS/iPhone4/iPad
CLI1495B0
338S0589
42L61

iPad2
338S0940
42L63

iPhone4S/iPad(2012)
338S0987
42L63

iPad2とnewiPadで型番は同じだけれど生産番号っぽい部分が違う。
iPhoneとiPadを何台か使い分けるってことは普通しないだろうし、当然曲はいろいろ聴くだろうし、イヤフォンを使い分ける人はいるにしても曲の幅に比べれば入れ替えは少ないだろうから、iPhoneもiPadも何が良いとか悪いとか気にしないで十分好きに聴けば良いだろうレベル。

【2012.03.18 Sunday 15:04】 author : zio
| | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2017.04.24 Monday 15:04】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zio.jugem.cc/trackback/1555
トラックバック