薄ろぐ記憶の記録
 
<< アナログTVの開発を中止、とか安電法とかプレイスーション4 | main | 中古家電のお店はどうなる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.04.24 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
Sony Chronicle 2006と、週刊○○
 ソニーの本。2,500円也。

ネット通販のみなんで、送料300円。
ソニーのオンラインショップで100万円以上お買い上げなVIPユーザーには無料でプレゼントされる。
それくらいは当然だろう、と思っちゃうのはメーカーの苦労をまだ分かってないんだろうか。
物欲番長はギリギリVIPだったらしい。さすがだ。

こういうのって昔は社員とか株主にプレゼントされてたもんだけれど、最近はそうでもないのかな。

自分も注文した。
こういう本って、数年前にSTARWARSとかXJAPANとかガンダムとか、1万円くらいでいろいろ出た。
でもハズレも結構多かった。
1万円じゃ買えないとかいう人も多く、そこにツケコンダ対応したのがディアゴスティーニとかの、週刊本。
毎週500円〜1000円前後で、1年か2年近く買い続けて完結する。
500円で1年だとしても約25,000円。
1000円で2年なら10万円だ。
最初の巻だけ半額にして、とりあえず買わせちゃうってのもうまい。

週刊STARWARSとか週刊エアークラフトとか、数年前からなにかと手を出したこともある。
週刊ロボットみたいなやつも手を出しかけたけれど、あまりにアレでネットオークションで売ったこともある。

話しは戻って、Sony Chronicle 2006。
2800円なら後悔する金額でもないし。

家電好きな日本人ならバイブルかと!

 Sony Chronicle 2006
【2006.02.20 Monday 09:27】 author : zio
| 本・雑誌 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2017.04.24 Monday 09:27】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zio.jugem.cc/trackback/873
トラックバック