薄ろぐ記憶の記録
 
<< 中古家電のお店はどうなる | main | 電安法の抜け道 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.04.24 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
米最新鋭戦闘機F22、日本へ輸出?
 アメリカの軍事予算削減は年々厳しくなる一方で、軍需産業はたいへんだろう。

湾岸戦争で話題になったB2とかも予算削減で配備数が削減されてる。
最新戦闘機のF22も大幅に配備数が削減されてる。

そんなことも無関係とは思えない様子で日本への売込みが強くなってる。

アメリカ空軍とほぼ同価格で日本へ売りたいってのも今までになかったこと。
それだけ高いってのもあるんだけれど。

このニュース、日本としても驚きなんだけれど、何十年も前に初飛行したF15をようやく配備し始めた韓国はどう受け止めるんだろうか。

米軍の沖縄基地にF15が来たのが1978年。30年近くも前。
その後に自衛隊も配備して今では200機以上。
老朽化するF4もF15に置き換えが決まってる。
F15はなにと置き換えるのかって問題もあるんだけれど、アメリカはそこにF22を売り込みたいらしい。
確かにアメリカから買うとすれば他に適当な機種もないんだけれど。

電子機器を更新した最新型とはいえ、そんなF15を世界最強の最新戦闘機として配備して大騒ぎになってる国ってやっぱりおもしろい。
最新のF15を配備したから日本より強いとか言ってる人4人に、F22って知ってるかと聞けば、知ってると答えた人がいない。
F16とF14は知ってた。
でもF/A18とかF23は知らなかった。

日本海のこっちと向こうでは30年くらいの時間の壁があるんだろうか。
【2006.02.20 Monday 09:56】 author : zio
| 軍事 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2017.04.24 Monday 09:56】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zio.jugem.cc/trackback/875
トラックバック