薄ろぐ記憶の記録
 
<< 任天堂の新型ゲーム機 Wii | main | 成長した「ドロロンえん魔くん」がアダルトに活躍 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.04.24 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
倖田來未 元彼への想い
Rain『Rain』はご存知でしょうか?この曲は彼女が付き合っていた男性との別れの曲になっているんですが、その頃彼女はその彼氏が大好きすぎて「仕事に行かないで」とよく呼び止めてしまっていたらしいんです。
 結局、優しい彼は本当に仕事に行かなくなってしまったのですが、その男性はものすごく才能に満ちた方だったそうで、倖田さんは「このままでは彼の恵まれた才能も未来も潰してしまう」と思い、別れる道を選んだんだそうです。

 芸能ネタって興味ないんだけれど、あまりにバカらしいんで反応しちゃった。

気持ちは解る。
好きな人とずっと一緒にいたいと思うのは特別なことじゃない。

でも別れずに才能を伸ばすなり活かす道はなかったんだろうか?
単に別れを美化してるようにも思える。

才能と未来を潰すから別れるって、自分のわがままが原因なんでしょ。
わがままと未来を秤にかけて、わがままを優先しなかったのは当たり前だけれど偉かった。
でも、それで別れるってのは相手の気持ちはどうなるんだろう。

この記事だけじゃ詳しく解らないし、芸能ネタに正面からレスしてもしょうがないのかもしれないけれど、「涙なしでは聞けない裏話です」ってシメ方がネタとは思えなかったんで、世の中はそういうもんなのか?と思って書いてみた。

で、どうなの?
人気ある歌手の歌詞に書いてあるってくらいなんだから、若い女は共感するんだろうか。
【2006.04.29 Saturday 13:42】 author : zio
| 芸能 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2017.04.24 Monday 13:42】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
気持ちは分からなくないけれど
相手はそれで納得したってコトなのかなあ。
それとも理由がうやむやなまま別れて
蓋を開けたらこうでした!みたいな感じ?

どっちにしても言い訳がましい気がする、、(苦笑
『こんなに好きだったんです』というよりも
別れの理由を正当化してるに過ぎないっていう感が強いなあ、、

理由のひとつではあったと思うけれど
彼女の場合自分の未来を選んだってコトのような気がする。

zioさんの言うように芸能ネタなので
なんともいえないですけれどもね、、!
| ちびけろ | 2006/04/30 4:20 PM |
「恋は盲目」ではないけれど、彼女を支持している女の子達は共感するのだろうし、「涙なしでは聞けない」のだろう。
ただ、そんなに支持されているのだろうか?
流行りだから、買っとく。聞いとく。って感じなんでしょ?いまどきは。

やっぱりオイラも、別れを美化してると思う。
でも歌にするには、美化しないと、ってところもあるんじゃない?

オイラは聞いたことないけど、たぶん「涙なし」で聞き流せると思う。ってくらい、ボーカリストとしてもアイドルとしてもオナペットとしても見ることができない。
ごめんなさい。
| k.c. | 2006/05/01 1:12 AM |
今はだいぶCDも売れてるみたいだけれど、レコード大賞とか章をとってた時期はそれほど売上出てなかったもんな。あれらの章って売れてる人にあげるものじゃなくって、大人の事情で売れてほしい人にあげるもんだってのは昔から変わらないんだろうか。

周りに関係なく好きって人がいるのは分かるんだけれど、人気がある人気があるって、繰り返し聞かされてそんな気になっちゃうって人もたくさんいて、ブームとかヒットってそうやらないと作れないのかと思うと虚しいもんだ。
| zio | 2006/05/01 9:42 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zio.jugem.cc/trackback/998
トラックバック